きれいなオムレツ作りに挑戦してみた!結果いらないもの

洋食屋さんのような「きれいなオムレツがつくってみたい!」
とおもいたち、あれこれ試行錯誤してみました。

わざわざフライパンを買いに「合羽橋道具街」に行って、鉄のフライパンを
調達してみたり、マヨネーズを入れるといいとか、いろいろ試してみました。

かれこれ卵を50個ほど、失敗を重ねて、台所が悲惨な状態になりながら実験を繰り返しました。

そして、行き着いた結果!

そんなものは必要ありませんでした。

スポンサーリンク

卵には塩だけ

やれ、マヨネーズを入れるといいとか、生クリームや、牛乳をいれろとか

ありますが、たいして影響ありません。

変な混ぜものないほうがおいしいです。

 

まず、卵の表面をなめらかにするため

①卵(全卵3個)をホイッパーでまぜる、塩をひとつまみいれる。

②なめらかにするためにザルで漉す。

 

 

菜箸で溶いている人が多いですが、ホイッパーでやるほうが早いです。

空気が入ると、焼いたときに気泡ができますけど、

ホイッパーで溶いたら、ザルで濾しますので問題ないです。

鉄のフライパンに手を出すのは賢明ではない

③サラダ油大さじ一杯、フライパンを良く熱してから卵投入

④ゴムベラを使って卵をおおきくゆすりながら、全面的に均一な「半熟卵」をつくります。

 

 

おびただしい、数の失敗を積み重ねた最大の原因がフライパンでした!

素人は扱いが難しすぎる!

ムカついて、近所のスーパーで一番安いテフロン¥598を買ってきて、つかったところ

あっさり成功。

20センチのものがいいです。

フチの角度がどうたら言う人がいますが、関係なかったです。ごく普通の形状で問題なし。

バターも必要なし。サラダ油で十分

バターも扱いが難しいので、サラダ油で練習しましょう。

風味にも違いが出ますが、さっぱりして個人的にはサラダ油でいいんじゃないでしょうか。

やばそうなら、すぐ火から外す

しっぱいの大半は、フライパンへ卵がこびりつくことです。

最初にこびりつかせてしまったら、もうリカバリーはほぼ不可能です。

鉄のフライパンでは温度調節がシビアなので、なれてないとたいてい

温度が低すぎて、たまごがひっつくか

高すぎて、焼き色がついてしまいます。

かんたんなテフロンを使いましょう。

火が入りすぎてしまわないよう、こまめに炎からはずしてかき混ぜるのがコツです。

ゴムベラでひっくりかえす

ゴムベラは必需品です。

そりゃ上手な人は菜箸で全部やっちゃいますけどね

しろうとはむりせず、「ゴムベラ」使いましょう。

まとめ

・特別なフライパンはいりません。やすいテフロン20センチで上等です。

・卵は3つがつくりやすいです。

・マヨネーズとか気持ち悪いので入れる必要なし。

・バターもいらない

・きれいな半熟のスクランブルエッグ状態が作れたらほぼ成功

・あとはあわてずゴムベラで成形すれば完成

 

こんな感じで何回か試せばきれいなオムレツつくれますので、挑戦してみてくださいませ。

 

 

Follow me!

コメント