お中元に焼酎!?五反田「内藤商店」がやばかった!

食事

いつもお世話になっている方に、お中元を送りたくて。いろいろ悩んでおりました。

お酒が好きな方なので、事前に「最近は晩酌はなにをお飲みになっていますか?」とたずねたら

「焼酎」とのお答え。

新宿の高島屋のりカーコーナーにもいってみたんですが

プレミアムの森伊蔵なんかは抽選しかないし、お店においているものも、見てもよくわからないので

ネットで調べていたら

五反田に知る人ぞ知る「内藤商店」というお店があるとのことで

早速いってきました。

スポンサーリンク

五反田にあるマニアックな酒屋「内藤商店」

そぼ降る雨の中、五反田に到着。

店主の東絛さんは業界でも、その動向が注目されているくらいの知識と情熱をお持ちの方らしく

(ダンチュウなどにも寄稿し

わくわくします。

方向音痴のわたしは、グーグルマップにナビしてもらいながらなんとかたどり着きました。

山手通り沿い、大崎郵便局を目指していってください。すぐわかります。

中に入るとズラズラっと一升瓶が並んでおります!

 

しかし、店内はこけおどしめいた、ものはなく少し大きめの酒屋さんです。まんなかに帳場があってあとはいーっぱい一升瓶が並んでおります!

どれも華美な包装や装飾はいっさいなし。必要なデータが簡潔に記載されたものがあるだけ。

お店のポリシーとして「セット売りはしない」とか「普段遣いの美味しいお酒を提供する」ことを

信条としているのがよくわかる。

プレミアムの焼酎なんかは転売目的で不当に価格が釣り上がってしまってますが、

地元の小さな酒蔵が丁寧につくっている美味しいお酒っていっぱいあるんですよね。

「地元の食材と地元の酒」この組み合わせに勝る旨さなし!

知識がないので迷子になる!

どのお酒も良さげに、見えるし、どれを選んでいいのか皆目見当がつきません。

並んでいる一升瓶のラベルを見るとどれも魅力的で迷う。

スマホとにらめっこしながらいろいろと調べてました。

その間にもお客さんがひっきりなしにあらわれて、軽く世間話なんかしながらお酒を買っていきます。(地元でも有名な感じ)

迷った末

「焼酎」で調べた富乃宝山をもってレジに行きました。贈答用なので梱包の相談をしてみたところ

和紙に包んで熨斗をつけましょうか?と提案していただきました。

その際に「せっかく来たのだから自分用にも欲しいな」と思い

ネットの記事で読んでいた

東絛さんの発言「米焼酎のうまいやつはほんとうにうまい、なかでも常圧蒸留のものに注目している」というのが気になっていたので、でおすすめのものがないか尋ねてみました。

わたしはなにも知らないので、焼酎といえば芋か麦、その他に泡盛とか黒糖焼酎くらいしかおもいあたらないので

米焼酎というのが新鮮だったのです。

これが大当たり!

米焼酎の常圧蒸留の名品「六調子」

お店の方は(多分息子さん)はとても丁寧というか、そんなもの通り越して情熱や「好き」って感情がひしひしと伝わってくる方で、すばらしかったです。

まず、こちらの好みをきいてくださいます。

選択肢を大きく3つほど提示してくださって

1 日本酒の大吟醸みたいな華やかなやつ

2 すっきりしてクセのない自然な美味しさ

3 素材本来の風味を活かしたもの

何種類か提示してくれたものの中に「六調子」がありました。

それぞれ蓋を開けて匂いを嗅がせてもらったのですが、「これがコメ!!!」ってくらいがツンと

クセがあって、これなら酒好きの人にもちょっとフックがかかるぞ!とおもいました。

六調子はハイボール感覚で炭酸割りが激ウマ!

香りが素晴らしかったので、富乃宝山はキャンセルして

贈答用にも六調子

自分用にも六調子を買いました。w

うちに帰って

晩ごはんの準備。

今日はなんとなく焼き魚が食べたくなって

アジの開きを買ってきました。

アジをを焼きながら

ロックで六調子を飲んでみました。ビールもなにもなしでいきなり焼酎のロック!

25度のわりにかなりがツンと来て、わたしにはちょっときつすぎると思いました。

お店の方が、なにげなく「炭酸で割ると美味しいですよ」

といっていたのを思い出したので

冷蔵庫にあった

ウィルキンソンの炭酸水で割ったら、これが超絶うまい!

これはかなりやばい!

ハイボール的でありながら、市販のハイボールなんかはちょっと太刀打ちできない

おそろしいおいしさ!独得のクセとさわやかな炭酸のシュワーッとくる清涼感。

これを井川遥に出されたら破産するまで通いますね。

そのくらいすごいですw

 

 スッキリした酔い心地、抜けもはやい

サッと酔って、あまり尾を引かないです。

次の日の目覚めもスッキリ、わたしは焼酎すきですね!

贈り物も良いものを安く買えたし、なにより発見と新しい世界が広がりました。

これからも

何ヶ月かに一度は五反田に足を伸ばして美味しいお酒を教えてもらおうと思います。

誠実にまっとうな商売やっていたら「不当に高い」商品はあつかいませんよね。

ごくあたりまえのことを、あらためて教えてもらいました。

五反田「内藤商店」

内藤商店 (不動前/その他)
★★★☆☆3.04

 

Follow me!

コメント